今日はペリカンケースの特注内装加工のご紹介です。
当社では、お客様から収納品のサイズをお聞きして、それにあったペリカンケースの選定と
内装加工も行っております。通常ペリカンケースには、ピックアンドプラットフォームという切れ目の入ったスポンジが
充填されていますが、切れ目が入っているため長く使用していると、一部が取れてきたりすることがあります。

そのため、収納品が変わることなく、長く愛用される方は、収納品に合わせて内装を作られる方がほとんどです。

当社では、設計もしておりますので、内装図を作成して御注文前に確認してもらってから内装を作製しております。
ですので、お客様も安心して御注文頂いております。

今回はペリカンケースの#1560の内装加工例です。

pelican1560inner

こんな感じで収納品に合わせて、加工ができます。

すごく使い勝手がいいと思います。是非ケースと合わせて内装加工もご検討ください。

ペリカンケースの内装加工例
ペリカンケース サイズ・ラインナップ

最終更新日時 : 作成者 : netdenet